スポンサードリンク

デジタルパーマのかかりが悪い

【質問】
約1年間ほど、数回デジタルパーマをかけています。
前回のデジタルパーマから5ヶ月たってもちゃんと巻きを保っていましたが、髪が伸びてきてしまいパーマがかかっている部分が下がったために、デジタルパーマをかけ直しました。
ところが、デジタルパーマをかける直前よりもかけ直した後の方がかかりが悪くなりました。どうしてでしょうか?

【回答】
デジタルパーマは、回数を重ねる度に目に見えない負担がかかり、やがてデジタルパーマがかからなくなります!
デジタルパーマは、3回が限界と思ったほうが良いです。
但し、このことは同じ部分にデジタルパーマをかけた場合の話です。
従って、以前にかけた部分以外なら、デジタルパーマの効果が十分発揮します。

 このことは、男性のパンチパーマと同じ原理です。パーマがかかってない部分ならOKです。
 ただ、男性のパンチパーマと女性のデジタルパーマの違いは、パンチパーマは、かける度にかかった部分をカットするため、永遠にパーマができますが、一方デジタルパーマは、女性の髪が長いので、毛先はそんなにカットしません。そのため1、デジタルパーマがかかってる部分も、2度、3度と重ねてデジタルパーマがかかってしまい、ますます、髪の内部が破壊され、デジタルパーマがかかり難くなります。

 デジタルパーマは、かけ直ししてもきれいにならないで注意しましょう。。